Admissions & Open Campus化学類の入試・
オープンキャンパス


入試情報

Admissions

アドミッションポリシー

化学類の1学年の入学定員は 50 名です。入学試験は、次の「入学試験一覧」の通り様々な方法があります。

  • 求める人材

    自然界における物質的多様性と普遍的法則を追究し興味ある新規物質や未知現象を探究する能力と意欲を有する人。

  • 入学までに学んでおいて欲しいこと

    高校レベルの化学についての基礎的知識を修得し、それを応用する能力を身につけていること。数学、物理学、生物学など関連分野に関する基礎的知識と語学の基礎的な能力を持つことが望ましい。

入学試験一覧

新型コロナウィルス感染防止のために変更になる可能性があります。必ず下記の大学サイトにて確認を行なって下さい。

最新の情報は、下記あるいは募集要項にて必ずご確認ください。

【大学サイト】入学試験について

科目名 日程 定員 内容・備考
個別学力検査等
(前期日程)
2月下旬 学類・専門学群選抜:14名
総合選抜入学者の
2年次受け入れ定員:
13名
全般的な基礎学力と、化学を学ぶ上で必要となる高度な理解力・思考力・応用力を総合的に評価します。総合選抜については「化学類について」をご覧ください。
個別学力検査等
(後期日程)
3月中旬 定員:10名 全般的な基礎学力と、化学を学ぶ上で必要となる理解力・思考力・応用力、化学に関する興味と意欲・表現力等を総合的に評価します。
推薦入試 11月下旬 定員:13名 高等学校において優秀な成績を修めており、化学に関する高い関心、目的意識、学習に取り組む意欲等を総合的に評価します。
国際科学オリンピック
特別入試
10月中旬 定員:若干名 国際科学オリンピックに出場した者、またはその代表者選考会等において一定の成績を収めた者を対象として、明確な目標を持って学ぶ意欲や計画的に学ぶ意欲を評価します。
国際バカロレア
特別入試
10月中旬 定員:若干名 自然科学に対する強い好奇心と国際的な広い視野を持ち、化学に関連する基礎学力、そして化学への学習意欲を総合的に評価します。
私費
外国人留学生入試
2月下旬 定員:若干名 化学に対する高い関心と協調性、そして入学後に日本人とともに化学を学ぶのに必要な語学力、基礎学力を総合的に評価します。
編入学試験 7月中旬 定員:若干名 専門的な化学教育を受けるための基礎的な学力、化学に対する強い関心、論理力、思考力、応用力を総合的に評価します。

オープンキャンパス

Open Campus

新型コロナウィルス感染防止のため、2020年度のオープンキャンパスはオンラインで行います。
詳細は筑波大学アドミッションセンターのページをご覧ください。

化学類に関心を寄せる方のために、「受験生のための筑波大学説明会」(例年8月中に実施)やキャンパスガイド(随時受付)を行っています。

実施日
2019年8月10日(土)
学群・学類名
理工学群・化学類
最寄りバス停
大学会館前
説明会場
大学会館講堂および
第一エリア1H201講義室(アクセス
受入可能人数(付添者除く)
300人

当日のプログラム

キャンパスツアーの内容には変更がある場合があります。希望者には宿舎見学ツアーを行います。

9:00
■数学類・物理学類・化学類合同説明会
大学会館講堂(MAP)
参加者受付開始~10:00
10:00
理工学群副学群長 挨拶
10:05
数学類説明
10:20
物理学類説明
10:35
化学類説明
10:50
在学生による紹介
質疑応答
11:50
■移動・昼食・休憩
※昼食(弁当等)をご持参の方は学生スタッフの指示に従ってください。
13:15
■化学類
第一エリア1H201講義室
模擬授業 14:15終了予定
14:30
キャンパスツアーと学生による学内紹介
  • ・研究概要説明
  • ・最先端化学分析機器見学
  • ・学生生活
  • ・授業内容
16:30
宿舎見学ツアー(希望者)
説明会終了

一日体験化学教室
「身近なことを先端の化学からみて/考えてみよう!」

Experience of Chemistry

新型コロナウィルス感染防止のため、
本年度の一日体験化学教室は中止となりました。

「筑波大学一日体験化学教室」は、高校生の皆さんが化学実験を通して、化学の楽しさ、不思議さを体験する機会を作ろうという試みです。化学への興味は化学実験の魅力から始まることが多く、実験に惹かれて化学者になった先人も数多くいます。
 実験の内容は筑波大学の化学の教員が最新の研究からヒントを得て、高校生の皆さんにも理解でき、興味が持てるように工夫したものばかりです。参加する皆さんには、同じ化学に興味を抱く各地の高校生の仲間と一緒に、化学の実験を楽しむとともに、筑波大学のキャンパスの雰囲気も味わって欲しいと思います(希望者には学内ツアーも用意されています)。

実施期日
2019年8月9日(金)(無料)

実施テーマの中から1つを選び、丸一日かけて化学研究を体験します。

実施テーマ例

  • 下記の中から一つテーマを選び、観察、計算や実験を通して“化学”しよう
    • ・二酸化炭素を有機化学で捕まえる
    • ・光るってなんだろう?
    • ・野菜のパワーを実感しよう-ガンの原因,活性酸素から身を守る-
    • ・ナイロンを作ろう-ナイロンの合成と染色-
    • ・冷たい分子から光を取り出す-蛍の光の秘密-
    • ・色について調べてみよう
    • ・カラー写真をミクロな目で化学する
    • ・色が変わる金属錯体-サーモクロミズムとソルバトクロミズム-
    • ・身の回りの放射線
    • ・分子を見る
    • ・紅茶の中からカフェインの結晶を取り出そう
    • ・相転移の不思議
    • ・コンピュータと化学