学類長あいさつ

小島 隆彦 筑波大学 理工学群
化学類長・教授
Greeting

化学類のホームページへようこそ

みなさんがこれから学んで知識や理解を深め、専門性を高める化学という学問は、主に化合物を扱う学問です。大雑把に言えば、化合物をどうやって作るのか、それはどう成り立っているのか、どういう性質を持っているのか、どういう振る舞い・反応をするのか、などを人間の言葉、すなわちサイエンスとして表現することが、化学という学問です。化学は、化合物を支配する自然の摂理への理解を深め、化合物への知的好奇心を満たす基礎科学であると同時に、人々の生活を支え、社会を支えるために必要不可欠な化合物を創製する基盤を確立するための学問です。

筑波大学理工学群化学類では、無機・分析化学、有機化学、物理化学の基幹3分野を中心に、それらの学際領域も含めて、幅広く化学を学ぶことが出来ます。どんなことでも、わかる、理解できると面白いでしょう。そのためには、理解するための努力が必要になります。高等学校で学ぶ化学の中で、「なんでそうなるんだろう?」と思ったことがあると思いますが、大学での化学の勉強を通じてその理由が理解できれば、化学の楽しさは増幅されるでしょう。

さらに、みなさんも4年生になると研究室に配属され、最先端の化学研究の一翼を担うことになります。実際に最先端の研究に携わり、まだ誰も知らないこと、世界で自分しか知らないことに出くわしたときの感動を味わうと、きっと楽しさや面白さの段階が上がると思います。諸君の化学に携わるものとしての成長を、筑波大学理工学群化学類の優れた教員と研究環境がサポートします。あなた方自身の手で化学の最先端を切り開き、世界中の研究者たちと切磋琢磨するなんて、わくわくしませんか?

化学という学問は、決してみなさんの期待を裏切らないと確信しています。そして、この地で化学を学び研究を深める過程で、みなさんは人生にとって多くの大切なことを学ぶと思います。みなさんには、卒業後の進路として、様々な選択肢があると思います。研究活動を通じて、化学についてより多くのことをより深く学び、化学における専門性を高めるため、我々は、博士課程への進学を推奨しています。現在、筑波大学では、博士課程進学をサポートする制度(学内、学外)があり、研究に没頭できる環境が整っています。より将来の選択肢の指向性と可能性を高め、グローバルに活躍できる素地をつくるために、是非とも博士課程への進学を視野に入れて、勉学に励んでいただきたいと思います。

では、筑波大学理工学群化学類で、みなさんと共に化学を楽しめることを楽しみにしています。


人材養成の目的と方針

Academic Policy

教育課程

自然界における普遍的な法則と未知物質・未知現象の探求、機能性物質の創製と材料開発、環境問題やエネルギー問題の解決、生命現象の分子レベルでの解明などに必要な基礎的で幅広い化学の知識を有する人材を育成します。その上で、これらの知識と理解に裏打ちされた柔軟な思考力と国際的に活躍できる能力を有する人材の育成を目指します。

4年間で化学の専⾨性を養えるように、基礎から専⾨への積み上げ型の教育課程を編成・実施します。講義と実験を中⼼とした授業科⽬を設置するとともに、学⽣が能動的に学習に取り組めるようにするための演習科⽬や、化学に関する総合能⼒を養うための卒業研究を設置しています。
授業科⽬毎に到達⽬標を設定し、講義では、期末テストや⼩テスト、レポート、プレゼンテーション等により、実験実習では、レポートや実験に取り組む姿勢・質疑応答等により、総合的に達成度を評価します。

  • 1年次においては、⾃然科学全般に関する基礎的知識を修得するだけでなく、人文、社会、芸術、体育など様々な分野の科目を履修し、幅広く教養を身に着けます。さらに、専⾨化学を学ぶための基礎を修得するための講義を履修します。
  • 2、3年次においては、基礎から専⾨までの幅広い化学の知識や技術を⾝につけるために、専⾨化学の体系的な講義および講義の進⾏に合わせた実験実習、演習を履修します。また、国際的な化学情報の読解能⼒を修得するために、化学英語に関する講義を履修します。
  • 4年次には、先端的化学の知識を学ぶとともに、真理を探究するための化学研究と国際的化学情報の探索の⼿法を修得するために、卒業研究を履修します。
  • 卒業生の約8割は大学院(博士前期課程:2年間)に進学し、より専門的な化学研究を行います。博士前期課程修了後は博士後期課程(3年間)を経て研究職に就いたり、企業等へ就職したりします。
特色
筑波大学では担任制度を設けており、25人ほどの学生に一人の教員が担任として付きサポートを行っています。1年次には、大学生活の支援を目的とした「フレッシュマンセミナー」、大学における学問の成り立ちや広がりを学ぶ「学問への誘い」が必修科目となっています。また、広く社会や世界の視座からの多様な考え方に触れる「学士基盤科目」も選択できます。
また、3年次に実験実習の時間を多く設けていることも化学類の特色です。週3日午後はすべて専門的な化学実験の実習となっており、1年間で有機化学、無機化学、物理化学、分析化学など化学の各分野の実験技術を広く習得します。
教育の質の保証と改善の方策
  • 毎年、学生による自主的な授業評価アンケートと大学主催のアンケートの両方を行い、それらの結果や学類運営上の諸問題について、学生と教員が一堂に会す「学生と教員との懇談会」にて話し合っています。また、その内容は、報告書の形で毎年公開しています。
  • 各科目の担当教員が個別にアンケートを実施し、教育効果の向上に役立てています。
  • 上記アンケート等をもとに、教育内容と科目間の連携を化学の分野ごとに随時見直すとともに、カリキュラム委員会の場を活用して各分野間の連携を強化しています。
  • 期末試験、レポートなどの結果を総合的に評価し厳格な単位認定を行っています。
学生と教員との懇談会とカリキュラム委員会
総合選抜で入学し、2年次から化学類へ -時間をかけた進路選択-
化学類に興味はあるが他の分野にも魅力を感じる等、志望先に迷いがある人や、大学で実際に授業を受けながら自分の志望先を選びたい人は前期日程の総合選抜を受験するという選択肢もあります。総合選抜には科目の組み合わせや配点の違いなどで4 種類の選抜区分がありますが、化学類は「理系I」の区分から10名、「文系」を含む全ての区分から3名を受け入る予定です。1年次に、化学類が提供する専門導入科目を履修し単位を修得していれば、2年次の総合選抜からの移行にあたって化学類を志望先の1つとすることができます。進路選択の際には、クラス担任教員やアカデミックサポートセンターのスタッフ、各学類・専門学群のアカデミックアドバイザー教員のアドバイスを受けることができます。
総合選抜から化学類に移行しても、他の入試区分で入学した学生とカリキュラムは同じです。1年次で履修しなかった科目があれば、2 年次以降で補いながら、4 年間で学類の卒業要件を満たすように学ぶことになります。
詳しくは総合学域群 Webサイトをご覧ください。

総合学域群学生のための履修例はこちらです。
教員免許取得
化学類に所属しながら、教職免許を取得することも可能です。化学類では、中学校教諭(理科)および高等学校教諭(理科)の一種免許状を取得できます。取得には教職課程の単位取得が必要です。詳しくは教職課程のWebサイトをご覧ください。

学位授与の方針

筑波大学学士課程の教育目標に基づく修得すべき知識・能力(汎用コンピテンス)を修得し、かつ本学群・学類の人材養成目的に基づき、学修の成果が次の到達目標に達したと認められる者に、学士(理学)の学位を授与します。

  • 自然科学の基礎的な知識を習得し、科学的な思考法を身につけている。
  • 物質を分子・原子・電子・化学結合レベルで理解している。
  • 自然界における普遍的な法則と未知物質・未知現象の探求、機能性物質の創製と材料開発、環境問題やエネルギー問題の解決、生命現象の解明に関する化学的基礎知識を持っている。
  • これらの知識と理解に裏打ちされた柔軟な思考力と国際的に活躍できる能力を持っている。
  • 他人と協調して化学に関する問題を解決することができる。


在学生による化学類の紹介

From Students

メッセージ

  • 2年次の自由度が高く幅広く学べる
    木村 鮎水 出身:さいたま市立浦和高等学校 化学類 在籍中 2019年度入学

     私の考える化学類の魅力は、化学を軸にしつつも学生生活を通して幅広い経験ができる点と、人数が少ないので学類全体で仲が良く互いに助け合いながら学べる点です。化学分野を網羅的に学べることは言うまでもありませんが、他学類の授業も履修することで化学に囚われない幅広い知識も得られます。2年次にサークル活動やボランティア活動を充実させることもおすすめです。  また、筑波大学で化学の高校教諭を目指したい人も化学類をお勧めします。確かに3年次の実験は非常にハードですが、余裕のある2年次に教職科目を履修してしまうことで取得がかなり現実的になります。 化学を志す人は勿論、知的好奇心が溢れた人にも是非化学類をおすすめしたいです。

  • 化学を学ぶための理想の環境
    𡵅本 優也 出身:東京都立小石川中等教育学校 化学類 在籍中 2019年度入学

     私が思う化学類の一番の魅力は、広く、深い学びです。 化学類では化学の広い分野を網羅的、かつ専門的に学ぶことができます。その分、科目数は多くちょっと大変ですが、大学で化学を専攻したと胸を張れるだけの専門性が身に付きます。また、化学を学ぶ上で欠かせない理数系だけでなく、情報系や文系の科目など、直接化学には関わらない分野の講義も自分の興味に合わせて自由に受講し、知識や経験を深めることができます。その他にも、教員などの資格、自分の設定したテーマでの研究など、意欲さえあれば本当に色々なことにチャレンジできます。素晴らしい学習環境に加えて人も暖かく、とても過ごしやすい場所です。化学類で一緒に学んでみませんか。