学類長あいさつ

市川 淳士 筑波大学 理工学群
化学類長・教授
Greeting

化学類のホームページへようこそ

化学は、あらゆる物質を対象として、それがどのような構造なのか、どのような性質を示すのか、どのような反応をするのかについて、分子・原子のレベルで考えます。自然界における普遍的な法則を追求しながら、新しい物質の創製、未知現象の探求、生命現象の解明等を行う学問といえます。高等学校までの化学では、化学現象を網羅的に学びますが、その理由について充分には答えてくれません。大学では、なぜそのような現象が起こるのかを、理論的に解明し深く理解することとなります。

筑波大学理工学群化学類では、そのための教育と研究を行う環境を整えています。私達が化学類で追い求めているのはサイエンスで、これは社会の基盤となるテクノロジーの源となるものです。こうしたサイエンスとしての化学を、化学類で一緒に切り開いてみませんか。化学類における学修と研究を通じて、化学の面白さや重要性を再認識しながら、化学者としての第一歩を踏み出していただきたいと思います。

研究学園都市であるつくばの地で、皆さんと最先端の研究が行える日を、楽しみにしています。


人材養成の目的と方針

Academic Policy

教育課程

自然界における普遍的な法則と未知物質・未知現象の探求、機能性物質の創製と材料開発、環境問題やエネルギー問題の解決、生命現象の分子レベルでの解明などに必要な基礎的で幅広い化学の知識を有する人材を育成します。その上で、これらの知識と理解に裏打ちされた柔軟な思考力と国際的に活躍できる能力を有する人材の育成を目指します。

4年間で化学の専⾨性を養えるように、基礎から専⾨への積み上げ型の教育課程を編成・実施します。講義と実験を中⼼とした授業科⽬を設置するとともに、学⽣が能動的に学習に取り組めるようにするための演習科⽬や、化学に関する総合能⼒を養うための卒業研究を設置しています。
授業科⽬毎に到達⽬標を設定し、講義では、期末テストや⼩テスト、レポート、プレゼンテーション等により、実験実習では、レポートや実験に取り組む姿勢・質疑応答等により、総合的に達成度を評価します。

  • 1年次においては、⾃然科学全般に関する基礎的知識を修得するだけでなく、人文、社会、芸術、体育など様々な分野の科目を履修し、幅広く教養を身に着けます。さらに、専⾨化学を学ぶための基礎を修得するための講義を履修します。
  • 2、3年次においては、基礎から専⾨までの幅広い化学の知識や技術を⾝につけるために、専⾨化学の体系的な講義および講義の進⾏に合わせた実験実習、演習を履修します。また、国際的な化学情報の読解能⼒を修得するために、化学英語に関する講義を履修します。
  • 4年次には、先端的化学の知識を学ぶとともに、真理を探究するための化学研究と国際的化学情報の探索の⼿法を修得するために、卒業研究を履修します。
  • 卒業生の約8割は大学院(博士前期課程:2年間)に進学し、より専門的な化学研究を行います。博士前期課程修了後は博士後期課程(3年間)を経て研究職に就いたり、企業等へ就職したりします。
特色
筑波大学では担任制度を設けており、25人ほどの学生に一人の教員が担任として付きサポートを行っています。1年次には、大学生活の支援を目的とした「フレッシュマンセミナー」、大学における学問の成り立ちや広がりを学ぶ「学問への誘い」が必修科目となっています。また、広く社会や世界の視座からの多様な考え方に触れる「学士基盤科目」も選択できます。
また、3年次に実験実習の時間を多く設けていることも化学類の特色です。週3日午後はすべて専門的な化学実験の実習となっており、1年間で有機化学、無機化学、物理化学、分析化学など化学の各分野の実験技術を広く習得します。
教育の質の保証と改善の方策
  • 毎年、学生による自主的な授業評価アンケートと大学主催のアンケートの両方を行い、それらの結果や学類運営上の諸問題について、学生と教員が一堂に会す「学生と教員との懇談会」にて話し合っています。また、その内容は、報告書の形で毎年公開しています。
  • 各科目の担当教員が個別にアンケートを実施し、教育効果の向上に役立てています。
  • 上記アンケート等をもとに、教育内容と科目間の連携を化学の分野ごとに随時見直すとともに、カリキュラム委員会の場を活用して各分野間の連携を強化しています。
  • 期末試験、レポートなどの結果を総合的に評価し厳格な単位認定を行っています。
学生と教員との懇談会とカリキュラム委員会
総合選抜で入学し、2年次から化学類へ -時間をかけた進路選択-
化学類に興味はあるが他の分野にも魅力を感じる等、志望先に迷いがある人や、大学で実際に授業を受けながら自分の志望先を選びたい人は前期日程の総合選抜を受験するという選択肢もあります。総合選抜には科目の組み合わせや配点の違いなどで4 種類の選抜区分がありますが、化学類は「理系I」の区分から10名、「文系」を含む全ての区分から3名を受け入る予定です。1年次に、化学類が提供する専門導入科目を履修し単位を修得していれば、2年次の総合選抜からの移行にあたって化学類を志望先の1つとすることができます。進路選択の際には、クラス担任教員やアカデミックサポートセンターのスタッフ、各学類・専門学群のアカデミックアドバイザー教員のアドバイスを受けることができます。
総合選抜から化学類に移行しても、他の入試区分で入学した学生とカリキュラムは同じです。1年次で履修しなかった科目があれば、2 年次以降で補いながら、4 年間で学類の卒業要件を満たすように学ぶことになります。
詳しくは総合学域群 Webサイトをご覧ください。
教員免許取得
化学類に所属しながら、教職免許を取得することも可能です。化学類では、中学校教諭(理科)および高等学校教諭(理科)の一種免許状を取得できます。取得には教職課程の単位取得が必要です。詳しくは教職課程のWebサイトをご覧ください。

学位授与の方針

筑波大学学士課程の教育目標に基づく修得すべき知識・能力(汎用コンピテンス)を修得し、かつ本学群・学類の人材養成目的に基づき、学修の成果が次の到達目標に達したと認められる者に、学士(理学)の学位を授与します。

  • 自然科学の基礎的な知識を習得し、科学的な思考法を身につけている。
  • 物質を分子・原子・電子・化学結合レベルで理解している。
  • 自然界における普遍的な法則と未知物質・未知現象の探求、機能性物質の創製と材料開発、環境問題やエネルギー問題の解決、生命現象の解明に関する化学的基礎知識を持っている。
  • これらの知識と理解に裏打ちされた柔軟な思考力と国際的に活躍できる能力を持っている。
  • 他人と協調して化学に関する問題を解決することができる。


在学生による化学類の紹介

From Students

メッセージ

  • 基礎から応用まで化学を学べる
    伊藤 大輝 出身:埼玉県立川越高等学校 化学類 在籍中 2017年度入学

    1年生では化学の授業に加え、数学や物理、英語やその他学類の授業を履修することで幅広い知識を身に着けることができ、2年生では専門的な化学の授業が始まります。3年生では1年を通して実験があり、これまでに学んだことを実践することでさらに化学に対する理解を深めることができます。4年生になると研究室に配属され、卒業論文にむけて準備が始まります。このように筑波大学化学類では基礎から応用まで学ぶことができ、また化学以外でも自分の興味のある内容を学ぶことができます。大変な時もありますがとてもやりがいがある、そんな化学類にぜひ来てみてください!

  • 化学との出会い
    笠原 留奈 出身:群馬県立高崎女子高等学校 化学類 在籍中 2017年度入学

    高校時代、化学が好きだった私は本学の化学類に進学を決めました。入学当初はこれまで学んできた化学との違いに戸惑ったことを覚えています。しかし多様な授業、先生、学生との出会いにより自分でも驚くほど興味の幅が広がりました。また充実した研究設備が化学を学ぶ上で非常に恵まれた環境であると感じています。様々な学問や学生との出会いはとても刺激的で自分の視野を格段に広げることができます。皆さんもぜひ筑波大学で新たな出会いを楽しんでください!