筑波大学 理工学群 化学類 本文へジャンプ

トップページ
化学類パンフレット
お知らせ
大学説明会
化学類で学ぶ化学
化学類での化学研究
教員一覧
在校生・卒業生メッセージ
授業科目
卒業後の進路
入学試験情報
体験学習
シラバス
キャンパスライフ
大学へのアクセス
リンク
English version

化学類で学ぶ化学
 科学技術の進歩はめざましく、人類の発展を支えてきました。この技術革新において、基礎化学の果たした役割は極めて大きいといえます。化学者による新素材の研究を基盤として材料が開発され、実用化されているからです。
 化学とは、化学現象を分子・電子レベルで研究し、自然界における普遍的な法則を追求する学問ですが、そのような基礎研究から、新規化合物の創製、環境汚染やエネルギー問題の解決、生命現象を分子レベルで理解する研究などへ展開されています。このため、新世紀における化学の重要性はますます高くなると言われています。
 化学類の卒業生の多くは、大学院に進学して研究能力を高め、その後、大学、国立研究機関、産業界等において研究に従事し、基礎研究や先端技術の開発で活躍します。化学類では、国際的に活躍できる研究者となるために必要な基礎的な学力を養うよう、その指導・教育に努力しています。
 化学類の学生は、1 年次に全学共通科目のほか、理学系学類共通の専門基礎科目を履修し、2 年次では、無機化学、分析化学、物理化学、量子化学、有機化学、生物化学などの専門的な学習と基礎的な化学実験を履修します。さらに、3 年次では、学びたい化学分野を一層深く理解するために、専門科目が用意されています。特に、実験の時間が大幅に増えるのが特徴です。専門化学実験I・II(無機・分析化学、物理化学、有機化学) は必修科目で、毎週3日間、午後はこれらの専門実験で実験技術を磨きます。
2,3 年次でそれぞれ開講されている基礎化学外書講読、専門化学外書講読は、英語論文を読む力をつけ、卒業研究の準備をします。4 年次では、卒業研究が中心になります。
  化学類では、無機化学、無機物理化学、生物無機化学、錯体分子化学、物理化学、有機物理化学、量子化学、超分子化学、有機合成化学、構造有機化学、生物有機化学、有機地球化学、分析化学、放射化学などの分野をおき、物質の構造、物性、反応、合成などに関する基礎研究をはじめ、広い視野に立った境界領域の研究を行います。希望に応じてそれぞれの分野の研究室に配属され、教員の直接指導のもとに卒業研究を行います。教職員や大学院生、国内外の研究者らと親しく接しながら活発な雰囲気の中で卒業研究を行い、研究成果を研究室セミナー、卒業研究発表会や日本化学会の研究発表会で報告し、化学者としての第一歩を踏み出します。